女性の髪には専用ケアを~女性用育毛剤を活用しよう~

コンプレックスを克服する

鏡を見る女性

現代では男女とも薄毛に悩む人が大勢いますが、薄毛になる原因は男女では別々にあることです。女性の場合は、びまん性脱毛といって徐々にボリュームがなくなっていき薄毛になっていきます。薄毛治療では育毛剤を使うのが手軽とされていますが、確実に発毛させたいのなら専門家に委ねることです。

抜け毛を予防するアイテム

洗髪

育毛剤は抜け毛を予防するアイテムです。頭皮に塗布するタイプと、内服薬タイプがあります。育毛剤を使うことで男性ホルモンなどで乱れたヘアサイクルが正常に戻り、抜け毛が減って最終的に髪の毛の量が増えてきます。

脱毛治療の最終手段は

ブラシ

脱毛症になった場合には、投薬による治療が行われていますが、それでも効果がでないケースがあります。このような場合には植毛という治療法があります。植毛にも人工毛と自毛の植毛がありますが、自毛の場合であればケアをしっかりすることで毛を生やすことができるメリットがあります。

抜け毛を予防するアイテム

ボトル

頭皮につけるタイプ

脱毛を抑止して薄毛を改善する商品が育毛剤です。育毛剤には頭皮につけるタイプと飲むタイプがあります。一般的には、育毛剤といえば頭皮につけるタイプが浸透しています。頭皮に直接つけることで、皮脂分泌を抑え、滞った血行を促進し、毛根に有効成分を与える効果があります。男性と女性では薄毛になるメカニズムが根本的に違うため、育毛剤も男性用と女性用では成分に違いがあります。男性用の場合、男性ホルモンにアプローチする成分が配合されています。女性用育毛剤は男性用育毛剤よりも刺激が少ない成分で出来ています。また、女性は男性よりも皮脂の分泌量が少ないため、ヒアルロン酸などの保湿効果がある美容成分がたっぷり配合されています。

薄毛の特徴

女性の薄毛は男性の薄毛とは違い、髪の毛一本一本が細くなり、全体的に量が減っていきます。一部分だけ禿げるわけではないので、気づかないうちに徐々に薄毛が進行していくのが特徴です。女性の場合、出産後の脱毛、ストレスによる脱毛、閉経前後のホルモンの減少による脱毛などがあります。出産後に一時的に脱毛するのは、出産前に過剰分泌された女性ホルモンが、出産後に元の量に戻るためです。また、ストレスがたまることでも脱毛します。これは男性の薄毛にもあてはまりますが、男性は仕事の悩み、女性は育児や家庭の悩みが原因となるケースが多いようです。閉経前後に女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少することでも抜け毛になりやすくなります。